本文へスキップ

AI進学ゼミナール茨大前教室の春期講習案内

電話でのお問い合わせはTEL.029-228-6950

〒310-0055 茨城県水戸市袴塚3-11-40

2020年度春期講習のご案内

成績アップの好循環をつくる春期講習



年度切り替え時に成績アップの下地をつくり、勉強を好循環にもっていく

 学年が変わる前にこれまでの復習をしておく。特に数学・英語は積み上げ型の科目なので、前学年までで「できていないこと」をそのままにしておくと、新しい学年でつまづきが大きくなる可能性が高くなります。できていないことの解消をはかっておくと新学年での負担を軽減できるので、成績を向上させやすくなります(もちろん一回やったぐらいではできるわけでないですが、継続して取り組むきっかけを作るだけでも大きな違いになります)。
 さらに、新学年開始時より復習だけでなく予習を進めることで、常に余裕を持った学習を進めることができます。予習を年間通して維持できるような枠組みを作っていくことで、定期テスト対策(中3生では受験対策)を有利に進めることができるようになります。学年の途中からよりも最初からの方がペースを維持しやすくなります。
 学年の変わり目、3月と4月の新学期前の時期の取り組みで1年間の学習に大きな差が生まれていくのです。学年後半になるにつれて、学習効果の蓄積が大きくなってことがポイントです。そして、この蓄積が勉強を好循環へと導いてくれます。


春期講習内容

スケジュール

2020年度春期講習期間は3/24(火)〜4/4(土)になります。

4/4(金)は中学生茨城統一テストです。
春期講習のみご利用の小学生は4/4(金)に学力テストを実施致します。

春期講習時間帯

小学生 16:00〜17:50(2時間)・・・17:00〜の受講も可能
新中学1・2・3年生 18:00〜20:50



17:00〜17:50 新中2・3年生は自習利用できます。理社の勉強も可能。
最初に全員実施のスタートプリント(スタプリ)は毎日全員実施し、直しが終わってからの帰りとなります。
21:00〜(15〜20分程度) 新中3年生は社会の学習を実施します。

春期講習料金

小学生(新小2〜新小6) 基本料金9,500円+テスト代2,000円(税込12,960円)
新中学1年生 基本料金21,500円+テスト代4,000円(税込27,650円)
新中学2年生 基本料金21,500円+テスト代4,000円(税込27,650円)
新中学3年生 基本料金22,500円+テスト代4,000円(税込28,750円)
※塾生は基本料金2,000円引き(5科受講生3,000円引き)及びテスト代がかかりません。

受講科目

小学生 国・算
中学1・2・3年生 基本は国・数・英(中3生には社会も実施)
※中学生塾生には理科の課題あり。新規ご利用者で継続利用をご検討の場合には理科課題が出ます。

春期講習も個別指導です(内容によって授業形式で実施する場合もあります)


予習ペースを作り、モチベーションを上げる

 復習はとても大事なのですが、学校で授業が進んでいるときは予習ペースでいたいもの。わからないからと復習ばかりではなかなか定期テストで点数をとれません。点数がとれないとなかなかやる気がでません。点数とれない→やる気でない、と悪循環になってしまうこともあります。予習で学校の授業でわかることが増える。さらにテスト対策時にゆとりをもって学習できる。そうすると点数もとれる。そんなモチベーションのあがる流れを作る可能性が予習にはあります。
 さらに予習には学習に前向きに向かえるようになる効果もあります。「習っていないからできない」というお子さんがいますが、こうなると自分から学ぶことをなかなかしない状況になってしまいがちに。「見たことないからできない」、「解き方を忘れてしまったからできない」と解き方を重視してしまい、自分で基礎をつなげて考えるということができにくい思考になっています。だから、ちょっと聞かれ方が変わっただけで、できないとなってしまうのです。こうなると学校の定期テストならまだしも、実力テストや入試では困ったことになりますね。予習だとわからないことに挑戦する状態ですので、前向きに考えることができます。ちょっと見たことなくても、考えてみようという積極的な姿勢でのぞむことができます。
 そのような理由もあってわけで現状の学力に関係なくできれば予習ペースを作りたいのですが、学年最初の春休みはいいタイミングになります。春休みのうちに予習しておければ、新学期は予習ペースでスタートすることができます。特に年度初めは授業の進みが遅いので予習ペースを維持しやすくなります。
 春期講習期間は短いため現中学塾生は予習がメインになります。新規でご利用の方は、面談時に進め方を決めていきます。復習のために、春期講習前特訓への参加もできます。


3月は学習強化月間

季節講習会の様子

学年まとめ、復習をするには貴重なタイミング

  中学生塾生の春期講習は予習中心で進めますが、もちろん復習もしなければなりません。そこで学年末テストが終わってからは春休み前を学習強化期間として復習に取り組んでいます。授業日を増やしたり帰り際ちょっと残ってもらったり、特訓日を設けて復習専用の時間を作っています。受講生徒の少ない理社も全員に復習課題を設定して、取り組んでもらうこともしています。復習してわからないことを減らし、新学年での学習をすすめやすくしておくことも学年切り替わりの今やっておきたいことです。

 学年末テストが終わってしまうとしばらく定期テストまで間が空いてしまいますし、長期休暇前は気が抜ける時期ですから、勉強をさぼりがちになります。そのタイミングでしっかり勉強を続けることをしておきたいですよね。そういう点を考慮しての学習強化期間でもあります。継続してこそ、学習効果は上がります。この継続をAIゼミでは大切にしています。

 新規で春期講習のご利用ご検討の方もこれらの学習に春休み前からご参加いただくことができます。特に新中学1年生はこの期間に専用の講座も設けています。

春期講習前特訓授業

現塾生は自動的に復習専用課題に取り組みますが、春期講習を新規でご利用の方も同等の課題を学習していただくことができます。特訓授業として授業にご参加いただけます。


新中1生は中学準備講座として


 春期講習をご利用になる新中1生には、特に春期講習前の受講をオススメしております。理由は春期講習前に小学内容の復習を開始して、春期講習中は中学の予習をするためです。
 
 小学生時の学習内容は学力の土台です。中学学習を円滑に進めるうえで必要になるので、特に重要事項はしっかり確認しておきましょう。

 勉強はただやればいいわけではなく、わかったことを使えるようしないとなりません。そのような勉強への意識を持つようなやり方も身につけていくことで効率的な学習ができるようになります。。

新中1生が入学前から勉強しておくことの利点
@中学につながる学習内容の確認・定着をはかり、中学での学習を進めやすくする。
A学習を続けるためのきっかけ作り、継続的な学習習慣をつけ部活との両立をはかる。


 小学生内容の復習により、できていないところの確認をして、定着するような学習をしていきます。すぐにわかったり、できるようになる単元ばかりではないかもしれませんが、できていないことを把握しておけば今後の学習時にお互いが注意することができます。
 新中1生にとって今から勉強しておくと有利な点はAだと考えています。入学前から勉強する状態を作っておく、特に部活が始まる前にということがその後の学習を支える大きな要素になります。
 部活が始まってしまうと勉強まで自分の意志では手が回らなくなりがちです(特に最初は体力的に慣れないので、疲れてしまって勉強がおろそかになるというパターンに)。部活を始めた段階ですでに勉強もすることが盛り込まれていれば、その状態が普通となります。勉強する環境を用意しておくことが勉強を進める手助けになります。勉強は継続が大事ですから、部活があってもやり続けておきたいですよね。



思い立ったときからいつでも即受講可能です。
春期講習費に教材費を追加した価格でご利用いただけます。
(教材費として\2,000)。
ご利用日数に制限はありません。目的に見合ったご利用日数を提案させていただきますが、ご都合にあわせることが可能です。

3月中のいつからでもご利用開始できます。
申し込み方法は下記をご覧になってください。
体験授業を受けていただいてからのご利用もできます。

中3生受験対策本格始動

3月から本格的に受験対策開始。

@基礎力強化と継続して定着させる学習を
 2学期からの実践演習に備えて、1学期と夏休みを通してやりたいことは基礎力を固めること。基礎とはいえ繰り返し学習しないと身につきません。 受験に向けた学習スタイルをしっかり定着させておくことはあとで大きな意味を持ってきます。中3の2学期になるとテストの難易度があがるため、今のうちから基礎固めをしていきましょう。 本人はできていると思っていてもそれほどできていないことも多いものです(特に定期テストの結果が良いと安心している場合、実力テストの差を見てください)。学年終わりの現段階のうちに中1、2年生の確認をしておきます。

A予習ペースで定期テストに備える

 2学期までの定期テスト結果は内申に大きな影響があります。そういう意味では1学期から入試は始まっています。ゆとりをもってテスト対策ができるよう予習ペースで学習を進めていこう。そのためには学習時間の確保が必要です。

 これまでは基本的に定期テストの勉強を中心に進める勉強が中心だったと思います。しかし、中3生にはそれに加えて入試対策で以前の内容も勉強していくということが加わります。それらを実行するには時間と意志の強さも必要になります。特に現状よりも上のレベルに志望校がある場合は、早い段階で意識と行動を伴わせることが必要になります。自分ではなかなか思うように進められないという場合は、手助けしてもらいながら進めて意識を高め行動していきましょう。
 現状余裕があっても、2学期になると情勢が変わってきます。テスト自体の難易度が上がることとまわりが勉強するようになるからです。そのため、頑張っているのに成績が上がらない、むしろ落ちてくるということも起こってきます。やはりコツコツ地道にやり続けることが大事になってきますので、今のうちから継続すること努力することを鍛えていきましょう。努力はしているけれど適切なやり方をしていないこともあるので、効率の良い学習の進め方も身につけていきましょう。

春期講習のメインは国・数・英。では理社は・・・

 上のグラフは中3初期段階で理社の平均点が非常に低かった学年の年間学力テスト結果推移です(中2のときには平均35点なんてときも。理社は中2までは受講せず、部活の総体後や夏休みからの受講がほとんどだった学年です)。
 3月からの強化学習が効果を上げていきました。
 適切に学習をすることで成績も上がっていきます。特にそれまであまり勉強していなかった場合は。最初は指示に従ってやることが大事。また、成績が上がらなくてもふてくされず、諦めずに続けることも大事です。学力は急には上がらないものなので、下積み期間が必要です。理社を伸ばすにもまず下積み(基礎固め)、既にある程度出来ている生徒は更なる上を目指していこう。

新中3生・理社強化学習 始まっています
新中3理科学習
春期講習中17:00〜17:50に希望者は受講可能です。また、4月以降継続の生徒には休日用の学習内容を配布します。

新中3社会学習
中3塾生にはテキストを全員に配布。登塾日の帰りに毎回1ページ進めています。春期講習期間中も継続です。


春期講習前の体験教室

春期講習の受講ご検討にあたり、体験教室のご利用ができます。
2、3日体験してみてください。
体験教室についてはこちら

講習中のテストについて

テストの様子

中学生は4月5日(金)茨城統一テストを実施致します。

新中1・2・3年生
4月5日(金)16:00〜20:30

小学生は学力テストを実施致します。
4月4日(木) 17:00〜19:00が基本時間帯ですが、
ご都合にあわせて変更も可能です。

春期講習及び春期講習前講座のお申込方法

  • 三者面談の予約(電話029-228-6950・メールにて)
  • 三者面談(現在のお子さんの学習状況確認や春期講習の説明等です)
  • 申し込み手続き(申込書記入・料金お支払い)...三者面談の後日でも結構です

春期講習の申込締切は3月19日(木)です。
尚、定員に達した時点で申込は終了となります。
※入塾テストはありません

個別指導の学習塾

AI進学ゼミナール茨大前教室

〒310-0055
茨城県水戸市袴塚3-11-40
TEL.029-228-6950
FAX.029-228-6960